Area87 type_zero

Category: 日々の出来事   Tags: EOS  6D  EF50mm  F1.4  滋賀  日野  ひな祭り  人形  

雛人形の怪異

蒲生郡は日野町で毎年この季節に開催されている「日野ひなまつり紀行」というイベントへ出かけてきました。
毎年行きそびれてましたが最後のチャンスの今回行けてラッキーでした。
町を挙げてのひなまつりといった風情で良かったですよ。
日野祭の曳山も展示されてましたしね。

さてこのエントリのタイトルの件ですが、メイン会場とも言える「近江日野商人館」で撮ったカットのこと。
会場内には江戸時代から現代に至る雛人形がズラッと並べられていて圧巻でしたが、その中のある女雛を撮ったものです。

#1:まずこちらから。フツーにすまし顔でいらっしゃる。
IMG_3789.jpg

#2:次にこちら被写界深度を浅くしているため判り難いけれど女雛の表情に違和感はなさそう。
IMG_3795.jpg

#3:そして問題のカットです。#2と似たような角度で女雛にフォーカスを合わせて寄ったものです。
IMG_3799.jpg

おかわりおわかりいただけるだろうか?




では、もう一度ごはんごらんいただこう。


IMG_3799_b.jpg
[EOS 6D + EF50mm F1.4 USM]

はい、女雛が優しく微笑んでいらっしゃいます。

カメラ目線で(笑)




色温度、トリミング、ビネットしか操作してませんよ~

そもそもひな祭りの由来は、女の子の厄払い行事だそうで"人形”(ひとがた)に作った紙に子供の厄を移して、それを川に流す"流し雛"がなんだとか。
だとしたら流さないまま長い年月を経た雛人形には色々なモノが憑いていても可怪しくないのかもしれません。

まぁ、狙って撮ったカットではあるんですけど(・∀・)ニヤニヤ。

そうそう、一番古いのは「今年で192歳」になると係の方が言ってましたが、展示プレートには1820年製って書いてたから197歳だと思うのだけど。
むしろコッチのほうが怪異現象か(笑)?
スポンサーサイト

Newer Entryひなまつり紀行@日野

Older EntryMyCamera 相棒です。

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 04